Eno.445→173 遠啼 ひばり

ENo.445→173 遠啼 ひばり

概要

ニックネーム:ひばり、社長、ラスボスなど
身長:160cm/体重:「本件は秘匿事項に該当します」
特技:眼鏡からビーム、速読
好きなもの:本、果実酒/苦手なもの:辛いもの
イメージCV:未定(花澤香菜?)
プレイヤー:烏間鈴女(@crow_sparrow)

つぶきゃらのキャラシリンク先:http://symalis.net/tc/?id=173



略歴

性別:女性
種族:人間
年齢:19
職業:元学生(年齢から察するに大学生だったと思われる)
誕生日:7/15(誕生花:イソトマ(花言葉:神聖なる思い出))
武器:眼鏡
宗教:特になし
趣味:読書
口癖:「ぶちぬけば どうとでもなる 力技」

記憶喪失系女子。
元は近未来日本の一般学生。遠啼(とおなき)が苗字でひばりが名前。
インターネット上の仮想空間を舞台にしたゲームに身を投じた結果、バグに行き当たったのかはたまた彼女自身がハッキングを試みて失敗したのか、意識だけが情報空間に漂うこととなってしまった。……というのは彼女が辛うじて覚えている理由であり、本当は自ら現実世界にいることを是とせず、仮想空間へと逃避した結果により、しかもそれが中途半端に成功してしまったため。
その結果膨大な情報量に押しつぶされるかのように自分が何者であるかを忘れて行き、辛うじて名前を記憶することには成功したものの、自分自身の個人としての記憶から姿かたちに至るまで何もかもを忘却してしまった……と本人は認識している。
結果つぶきゃら世界にたどり着き、数々の戦闘をこなしていくうちに自意識そのものは回復、無意識の動きから大体の姿かたちの認識に至る。眼鏡装着に気づいたのもこの頃か。
その後CW世界にやってきて味噌煮込みうどんとして活動する羽目もとい事になる。


2期での変更点

1期終了後、暫くカードワース世界に移動していたが2期の開始時につぶ世界へ戻る。
この間は色々と適当に過ごしていたらしい。
なお、周りのメンバーは年齢が変化しているようだが、ひばりにはその兆候が見られない。
彼女は現在データの集合体としての存在のため、どうやら外見年齢は変化しないようだ。……今のところ。

人物

基本的に冷静だが楽観的で、妙なところで無頓着。頭は多分悪くないはずだが、どこか抜けている。
大体のことは淡々と受け止め、事務的に流す。処理能力を超えるとたっぷり硬直するタイプ。
特段他人の目を気にしているというわけでもないらしいが、動揺を見せることを極端に嫌っている。混乱するとまた自分の情報が頭の中で散逸してしまいそうになるのが怖いようだ。
再び自分が消えてしまって、記憶を失うことがあるのではないかとも恐れている。そのときに誰か思い出して、そのことを教えてくれる人が欲しいと思う感情が、より強く味噌煮込みうどんに彼女を留めているのかもしれない。

様々なことを分析しているように見えて、実は直感で物事を判断することが多い。
実は意外と美人であることが他人の目により発覚した。

能力

・眼鏡(アイテム)
普段から装着している眼鏡。度はかなり低めなので実はなくても不便ながら生活できる。
レンズ部分で集光し、フレームに組み込まれた回路によりそれを操作、ビームとして打ち出したり防護壁を張ったりやはりフレーム部分にカメラでも隠れているのか敵戦力の分析まで可能。誰だこの眼鏡開発した奴。
操作方法は本人しか知らないようだが、そもそも細かい操作方法をそんなに覚えていないようなので、実はもっとできることがあるかもしれない、未知の可能性を秘めたスーパーメガネ。
なおこの眼鏡、データを格納しておく機能も持ち、現在つぶきゃら/CW世界にいる彼女の肉体は、本来彼女のいた世界から情報空間を通してこれらの世界へと投影された姿であり、ただしちゃんと実体もある。眼鏡の中に彼女の彼女たる情報が全て格納されていた。
それなのに記憶が戻らないのは、本人の精神状態に異常がある(情報負荷に耐え切れなかった)ためであろうと推測されるが、真相は定かではない。

……本当は、彼女が仮想空間へと飛び出す直前、データに意識的にプロテクトを掛け、現実世界での記憶を、自意識に支障がない程度にほとんどの部分を思い出せないようにしているからである。(怖かったのか、完全抹消はしていない様子)

ついでに2期開始と共に眼鏡が「謎のアップデートの発生により」バージョンアップした。
今まではビームが出せるのとデータ解析や収集ができるだけだったのだが、今回から擬似的な魔法の使用(どうも「魔法」をゲーム内プログラム的な解釈をしたものらしい)、ビーム部分を武器状に変化させての使用、などの効果が付け加わった。
現実世界にいる隼が「塔」でのデータ収集を行い、密かにアップロードプログラムを送信したらしいのだが、ひばり本人は無論知らずじまいである。

人間関係

→ファイト・オー
猪突猛進なところが自分とは正反対であり、また自分自身にある種の自信を持っている様子をどこか眩しく感じている。あくまで自分が補佐できるのは道の選定をすることで、こういう人が道を実際に作るのだろう。非効率を敢えて突っ走るのも一つの道なのだと理解している。

→ポラリス
明るい様子に、可愛らしいと感じているが、普段の_過激っぷりにはちょっと驚くところも。寂しがりやなのかもしれないな、と思うと同時、隣に立てはせずとも支えたいとも感じている。後述のノメァさんと合わせて、二人の親しそうな様子にどこか懐かしさを覚え、その関係を守りたいと思っている。

→ノメァ・ピドュポエガ
どこか壁を感じながらも、自信がなさそうな様子に、理由は違えどどこか共感し、その壁をいつかどけてあげられるようになりたいと感じている。同時に、前述のポラリスさんとの仲のよさに対して懐かしさを覚え、その関係を守りたいと思っている。時々突拍子もないことをするのはちょっと心配。

→東洲斎 虹夜
常に紙袋を被って顔を隠していること、そしてその宗教(?)に関しても、特に違和感は抱かず本人の事情なのだろうな、と思っている。どこか影を感じつつ、もしかしたら自分のうちの何か大切なものを失ったのでは? と推測しており、自分を投影しているところが僅かにある。女の子? 手を出してないなら大丈夫じゃないですかね。

・おまけ
遠い記憶の果てに親しい家族の面影を追い求めている。
歳の近い兄、遠啼隼(とおなき・しゅん)がいた。彼とは親しかったが、その記憶を現在は有していない。
ひばり本人も覚えていないが、あのやたらハイパーな眼鏡を彼女に与えたのはこの兄ちゃんである。
ただいま彼自身の思考回路と記憶をコピーした自立思考型プログラムが「塔」を探索している。

【呼称など】
一人称→私/口調→やや難解な言い回しの多い丁寧口調
ファイト・オー→ファイトさん
ポラリス→ポラリスさん
ノメァ・ピドュポエガ→ノメァさん
盛皮君→盛皮君さん
東洲斎 虹夜→虹夜さん

台詞

「ぶち抜けば どうとでもなる 力技」
座右の銘。打開策が浮かばなかったら火力で殲滅すればどうにでもなる。

「検索します」
デバイスの眼鏡を通じて、最も効率的な動きを検索している。正確に言うと、周囲の状況や物品を分析して最適解をはじき出しているだけなので検索とは言わない上に時々いらんものを発見してくる。
戦闘ビジュアル的には周囲の分析を行えるものとして見ればいい……のかも。
マップのデータを検索しているとか、相手のデータを検索しているとかそんな感じのイメージ。(ただしデータが眼鏡の中に存在するかは不明だ)

Q&A

Q.お胸はいかほど?(匿名希望の掌破使い)
A.そんなものがあるとでも思ったのですか?
 (とは回答していますがBくらいなんじゃないかなあっ……おや誰か来たようだ)
Q.スーパーメガネに愛称などついていますか?(掌破の人)
A.現在は単純に眼鏡としてしか認識していないので名前は付いていません。
 ……こちらに来る前に関しては……未定。(中の人が横文字弱すぎ)

  • 最終更新:2015-03-31 15:39:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード